ワゴンR F6A タイミングベルトについて

スポンサードリンク


ここでは、人気のワゴンRのタイミングベルトの交換について触れてみましょう。K6Aであれば,チェーン式ですので基本交換は不要となります。RX-T、そしてFX-Tに関してはF6Aとなりますからこれは、タイミングベルトを使ってますので、上記で伝えたように、100000`、10年をメドに考えましょう。交換費用は、誤差はあるでしょうが、ウォーターポンプの交換もあわせて大体3万ぐらいでしょう。

スポンサードリンク

タイミングベルト 交換時期

タイミングベルトの交換時期に関して説明していきます。これのおおよその時期としては、100000`、そして10年といわれてます。この理由としては、寿命であったり、切れる恐れがでてくるからに他ありません。これを超過しても切れないこともあるのですが、そこまでいかないで切れることもあります。なので注意が必要ですね。

これは、タイミングベルトのほかの箇所のメンテナンスで随分変わってきます。例えば、オイル交換を怠ったり、LLCの交換、冷却水の交換を怠る人というのは、その分負荷がかかってしまいます。それによって切断しやすくなるというのも事実です。

これが切れていまうと、すぐにエンジンは止まります。その後あわてて交換をしてもバルブが曲がってしまう可能性が高いので、これも交換しないといけないといういろんなところに故障がでて、二度手間三度手間になってきます。へたをすると廃車にもなりかねません。

タイミングベルト 交換費用,工賃

大体の目安では、タイミングベルト交換費用は、大体部品代が8千円前後、工賃が2万円ぐらいでしょう。合計で3万ぐらいでしょう。もし自分でできるといった場合にはかなりお金も浮いてくるでしょうが、あまり自信のない方はディーラーに頼んだほうが無難でしょう。また、これをを交換するときには、同時に別のところも交換したり、修理したりすることが多いといいます。こういった場合は6万円、10万円などとかかってくることもあります。

よく同時に交換するものとして、ウォーターポンプ、クランクシール、カムシールなどがあります。あとあとこれらを交換するのでしたら、ついでにしておいたほうがいいでしょう。でないとまた工賃を取られることになりますからね。タイミングベルトを交換することは非常に大事です。もしも人がいない山中なんかで切断したりしたらひとたまりもないですからね。

ちなみにタイミングベルトの主要なメーカーとして有名なところが三ツ星ベルトです。実はいろんあ整備工場でも利用されてますので、あなたが現在使用しているタイミングベルトは三ツ星ベルトのものということもあるかもしれませんね。そしてメーカーでは、バンドーなんかもいいらしいですね。