肺がん 末期

スポンサードリンク


肺がんの末期になると、呼吸困難、胸痛他にもいろんな症状が出てきます。また全身に転移することが多いです。呼吸困難を伴うとやはりとてもつらい方が多いようです。また、骨にも転移しますので、この痛みも結構あるようです。

スポンサードリンク

肺がん 初期症状

肺がんの初期症状について紹介していきましょう。初期症状として伺える自覚症状は、ほとんど出ることはないと思っていたほうがいいでしょう。すでに進行しているとすれば、風邪と似たような症状が出ることが多いです。

例えば、おさまらない咳、発熱、胸痛、血痰などです。また、年齢的には、40歳を超えると気をつけなければなりません。早期発見には、定期的な検診が必須になってきます。レントゲン撮影をするようにしましょう。これは喫煙者の方であればなおさらです。

肺がん 検診、検査

肺がんの検診、検査においてはレントゲン撮影、喀痰細胞診によってなされます。肺がんはレントゲン写真にて比較的発見率はいいのですが、どうしても喫煙での肺門型においては、出にくいといったこともあります。こういった場合は喀痰細胞診を受けるとよいでしょう。

これは、喫煙者は行ったほうがいいでしょう。特に、50歳を超えており、喫煙指数が600以上の方、(※喫煙指数は、1日の喫煙本数×喫煙年数)は肺がんになる可能性が極めて高いので積極的に定期検診は行いましょう。また昨今では、レントゲン写真よりも高度なCTによる検査を行うところも増えています。

肺がん 治療 (手術,放射線療法,化学療法)

肺がんの治療として行われるのは、外科治療、いわゆる手術、放射線療法、化学療法(これは抗がん剤を用いる)になります。進行がまだ早期の段階では、手術が行われます。放射線療法というのは、手術と同様に狙った箇所を治していく局所治療となります。

これも昨今においては効果的なものになってきており、副作用のあまりない放射線治療も出てきています。そして、化学療法については、抗がん剤を使った治療のことをいいす。生きる時間を延ばしたり、生活の質を上げる効果があります。他の治療と組み合わせることもあります

肺がん ステージ

この肺がんの進行度を表すものを病期といい、そのステージはざっくりみると、1〜4の段階に分かれます。それぞれステージ1は、肺にがんがあるが、リンパに転移してない。とかステージ4は、肺以外の臓器にがんが転移している。など症状によって治療方法が決定していきます。

また生存率に関して、手術を施した際の5年生存率は、ステージ1で70%、2で50%、3A期で25%などとなっています。治療のやり方により多少誤差はある可能性もあります。