金持ち修行(HOME)

オススメ本・書籍


成功者の告白...
神田昌典さんの「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間 で学べる物語」を紹介します。。神田昌典さんはあまりにも有名ですよね。彼を崇拝し、彼のノウハウを利用し億万長者になった経営者も多数います。 知らない人もいるでしょう。ぜひよんでみてください。

この本なんですが、独立しようと思っている人はぜひよんでみたほうがいいでしょう。 ご自身の体験をベースに小説風に書いています。成功の裏には覚悟しておかなければ ならないことがある・・・。 いわば、成功するときに必ず襲ってくる、どうしようもないこと、紆余曲折 など、の回避方法など、見事に描いています。ぜひ一読を・・・

この本はアフィリエイトというインターネットビジネスをしている私たちにも大変ためになるようにおもいます。

例え、アフィリエイトが無料で失敗を何度しようが、借金は背負わないといえど、いずれ小金がたまってくるとリスクのあるビジネスをすることになるかもしれません。今のうちに心構えをみにつけておいて損はないと思います。

カリスマコンサルタントの頭の中が視れる!!


成功して不幸になる人びと...
この本は、成功していく間には、シャドウいわゆる、みえないけど、水面下で膨らんでいく、困難や壁があるということ。それを見て見ぬふりをするのではなく、受け入れ、観察し、活用して、自分を見つめなおす作業を指南しています。心理学をベースに置いているいるので、成功ギラギラ本ではありません。

また、翻訳では、神田昌典さんが担当しています。

神田氏は「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」についても、成功の裏には影(シャドウ)があると語ってます。ものすごい成功に裏打ちされた経験なのでしょうから、学ぶところは多いし、危機管理の勉強になるでしょう。

あわせて読むとよいでしょう。

成功の裏に水面下で潜むものとは!!


アフィリエイトではじめる!...
この著者はすでに、アフィリエイトにて年収300万を超える収入を得ています。著者「松本光春さん」の考えは、ベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』を引用し、「貧乏人はお金の為に働く。金持ちはお金を自分の為に働かせる。」という考えに基づいています。

著者は自分のために働かせるお金をつくるシステムとして、アフィリエイトを挙げています。この本は「お金もってない人が、自分の作ったホームページを自分のために働かせる」
為の本だといえます。

アフィリエイトを使って実際にどうやって儲けたらいいのか?これまでになかった、ホームページ作成の視点からのアフィリエイト本を作ろうというのが著者の意図となってます。

アフィリエイトの実践書!!



























主婦もかせげる パソコンで月収30万
下記はご本人様のメッセージです。


はじめまして!この本の筆者小林智子こと藍玉です。

私の本に興味を持っていただいてありがとうございます。この本は私がパソコンと出会ったきっかけから、アフィリエイトで月収30万かせぐまでの経過やアフィリエイトについての本音を書いています。

ひとつお伝えしたいのはこれはアフィリエイト本ではありません。アフィリエイト中・上級者がアフィリエイトのテクニックを学ぶのでしたら、満足いただけないと思います。


AERAや日経新聞などで紹介されてから、「アフィリエイトを始めました!」というメールをたくさんいただくようになりました。そして、アフィリエイトの不安や疑問もたくさんいただきます。他にも同じ不安を抱えている方が多いのでは?

こうしたことから、アフィリエイトを楽しんでいる私の体験をお伝えすることができたらと思っていました。

この本は「これから何かを始めたいけれど、何をしていいのかわからない方」や「アフィリエイトを始めて行き詰ってしまった方」を応援したいという気持ちがいっぱい詰まっているのです。

アフィリエイトに興味が無くても、あなたが一歩踏み出すきっかけとなれば嬉しいです。


会社を辞めずに億万長者!「...
●会社を辞めずに億万長者!「情報起業家(インフォプレナー)」入門

この著者は、メルマガ配信で人気を得て、出版まで こぎつけた人です。会社を辞めずに億万長者! 「情報起業家(インフォプレナー)」という題名のメルマガ と、もうひとつ、ふたつぐらい配信してます。 読者数、全部あわせると、計5万人を誇るビッグメルマガの 著者です。本を出版するにあたり、名前を公開しました。 牧野 真 氏です。 これからは、メルマガで人気を得、本を出版する人が増えてくる でしょう。僕もいずれ本をだしたいです。 この本をみて、そのノウハウの片鱗を勉強しよう。

億万長者まではいきませんが、元手のかからないビジネスでコツコツと!です。


日本がアルゼンチン・タンゴ...光文社ペーパーバックス
●日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日 

私の友達が大変おもしろいぞ!というので紹介します。簡単にいうと、このままでは、日本の経済状態はアルゼンチンの二の舞になるぞといっており、その原因となってるのは・・・・・。

この本のレビューは。

アルゼンチン経済の大崩壊crashing downは、日本の明日の姿だ。欧米のエコノミストも、日本の金融関係者たちも、みなそう思っている。残念ながら、この私もそのひとりだ。というのも、私は、次々と内外の関係者を取材し、その誰もが日本経済の未来について有効な処方箋を持っていないことを知ったからだ。とくに、前FRB議長ポール・ボルカー氏Paul Volckerの次のような見方には衝撃を覚えた。「日本が現在置かれている状況は、これまでの経済学economicsの教科書にはないものです。先進国といわれる国でこのような状態に陥った国は、歴史上例がありません。とはいえ、日本が抱えている問題は経済問題ではなく、政治問題なのです」
 
つまり、日本はいま全知全能を傾けて、独力でこの危機を脱出するしかない。

不良債権はなぜ処理できないのか? 改革はなぜ進まないのか?日本の未来がアルゼンチンのような状態になるのが確実となってしまったいま、この疑問に真剣に応えた一冊。著者は米メディアの記者で、日本経済を十数年にわたって取材し、その集大成として本書を書き下ろした。

著者の結論は“Yakuza Recession”[ヤクザ不況]。つまり、日本の不良債権はほとんどがヤクザ絡みであり、現在の不況はヤクザが政・官・業とタッグを組んで作り出したものという。大手メディアや学者・評論家では、けっして語れない真実が暴かれる。


金持ち修行(HOME)


テキチェンというアクセスアップツール(アクセスアップの術で紹介!!)